子供が産まれてから学資保険というものがあることを知りました。最初は郵便局に口座作りに行ったときに勧められて話を聞きました。しかし主人の年齢も高く、元本割れすることがわかったので自力で貯金していくことを選びました。その後二人目が産まれて保険会社の方と出会い、保険の話を聞きました。その会社が扱っている保険は元本割れがなく、貯金していくより利息が高いことが分かったので前向きに検討していくことにしました。学資保険は子供の教育費、将来のために使うお金をためておくもので、入院した時などに保障がある医療保険もオプションでつけることができました。二人目は男の子だったので、怪我して入院するリスクが高いこと、女の子より男の子の方が体が弱いことを考えて医療保険も付けました。18歳までしっかり掛けて子供のために使ってあげたいと思います。

息子の学資保険と医療保険

息子の学資保険に加入

保険会社によって保険の利率が違うことを知り、どこで保険を掛けたらいいか悩んでいた時にある保険会社の方と出会いました。息子と娘の学資保険を勧めてくれたり、主人の生命保険の話をしてくれました。学資保険は元本割れするところもあるのですが、そこの会社が出している保険は利率がよく、医療保険もオプションでつけることも可能だったので、前向きに検討していきました。しかし、18年間という長い年月掛けていかなければいけないこと、会社がもしかしたら倒産するかもしれないこと、自分で毎月貯金していくことも可能であるということなど色々なことを考えました。しかし、銀行で貯金するより利率がよく、契約者に万が一のことがあればその後払わなくても保障はしてもらえる、強制的に引き落とされるのできちんとためられることなど利点を考えて加入しました。

今年かけた学資保険の話

子どもが今年生まれ、学資保険をかけなければと思っていましたが、予算がなくなかなかかけられずにいました。そんなときに、母親が私のためにかけてくれていた養老保険の満期が来て数万円が母親のもとに下りてきました。私のためにかけていてくれたものなので、母親と相談し、下りてくるお金の半額を母親に渡し、残りの半額で、一括払いの子どもの学資保険をかけることにしました。母親は、養老保険をかけていた保険会社に相談をしましたが、なかなか良いものがなく、私の保険会社で勤める友人に相談をしました。その友人も一年前に子どもが生まれており、金額は少し違いますが、同じ内容保険を紹介してくれました。母親が相談した保険会社のものと比べるとは、下りてくる金額が少し少なくなりますが、内容の良いものでしたので、友人のところのものに加入することに決定しました。

娘の小学校受験を考えていたときにお世話になった伸芽会では、経験のある先生が相談に乗ってくれてとても助かりました。 小学校受験は噂や嘘の情報が多く、たくさんの保護者の方が困るそうです。 伸芽会は、受験した子どもからの情報をもとに過去問題集を制作しています。実際に受験を経験した子供からの情報をもとに、授業を行ってくれるので安心して子供を任せることができました。 幼児教室の伸芽会では想像力、体験力、自助力を養う教育で子どもたちを合格へ導いてくれます。 伸芽会の幼児教室では自分で考え、体験して理解する小学校受験に不可欠な教育が学べます。 幼児教室をお探しなら伸芽会がおすすめです。