仕事の関係で知り合った人と結婚することになり、これから将来のことを自分のことだけではなく、家族のことも考えないといけない立場になった。そういう立場になって自分の両親も同じようにいろいろなことを備えておいてくれたのだと物心つくまで、自分の暮らしが裕福な方だと気付かなかった。結婚して1年後に子供ができたこともあり、学資保険に入ることを知り合いに勧められたのですが、保険については何も知らなかったので、調べるようになったのです。こういった保険があることも、自分がその立場になるまで全く知らなかったことともあます。なによりも保険というものが、こんなにも色々とあるものだと知ったので、そういった影響で、学資保険に入ることになり将来のために備えておくことになりました。満員電車に乗っての通勤も家族のためなら頑張っていけます。

子供のために学資保険

学資保険に加入しておいて良かったこと

私は子供ができた時に、学資保険に加入しておきました。毎月の保険料は負担にはなりましたが、定額の積立と考えて月々固定費として支払うことで、自然に積立をすることができました。また、学資保険には契約者である私に万が一のことがあった時にも満額保険金を受け取ることのできる性質があります。万が一に備える保険としての役割がありますので、安心することができました。また、子どもは高校に入学をする頃からお金がかかります。その頃にまとまったお金を保険金から補てんすることで、家計の大きな味方になってくれました。私の給料も、想像していたよりも増えませんでしたので、保険の力で子どもの学費を支払うことができたことは、とても良かったと考えています。子どものための保険としての学資保険に加入したことは、とても良かったと感じています。

学資保険に加入するきっかけ

つい先日、学資保険に加入しました。きっかけは、別途教育費のために積み立てをしていたのですが、少し貯まると使ってしまい、一向に貯まらず、また忘れてしまう月もありました。そこで以前から気になっていた学資保険について調べました。貯金をするだけでは節税にもなりませんが、学資保険に加入すると節税になることがわかりました。それに加えて、万一のときのための死亡保障までもついていました。値段についても高いかもしれないと思っておりましたが、計算してみると、そんなに値段も高くなく、貯金しているのとほぼ差がありませんでした。また途中で解約をしても返礼率が悪くなく、口座引き落としにしておくと、以前みたいに積み立ても忘れることもなく、使ってしまう心配もないので加入しました。今では早く加入しておけばよかったと思っています。