学資保険に代用出来る保険

現代では、国債利回りの低下により、生保各社の貯蓄商品の運用率も下がっております。その為に人気商品の一つであった学資保険についても、その影響が出てきています。こうなるとこの保険商品の魅力としては、被保険者の有事における「払込免除」くらいになるのでしょうか。それでも、定期的に祝い金が支払われますので、貯蓄の強制力の一環としては、魅力があるのかもしれません。ところで、学資保険の場合には、満期の期限が決まっていますので、もしやの進路変更とかの事態が生じた場合には、内容の変更が出来ません。そこで、低解約返戻金型の終身保険もお勧めであります。払込期間を10年や15年で設定しておき、子供が18歳に時に、解約もしくは契約者貸付を利用して学資に充てるようにします。もしも、子供が進学をしなくなったり、別に資金が調達出来た際には、そのまま終身保険として持っておく方法も選択出来ます。

学資保険に代用出来る保険

学資保険の見直しをしたい

私には現在2歳になる娘がいます。娘が生まれて間もないときに、学資保険に加入しました。私はそのとき、育児に追われていたので全く関与せず、夫が決めました。もちろん、今加入しているものもいいのですが、私はほかの保険との比較もしてみたかったので、すでに加入していたときは驚きましたが、やはり保険に加入すると、それはそれで安心感も生まれました。保険を見直すのはいつでもできますし、今後きちんと見直していけばいいかな、と思います。子供の将来のためにも、しっかりとした保険に加入して、娘が行きたいと言った学校などにはきちんと行かせてあげたいと思います。そのためにも無駄をなくすために、近々見直し検討したいと思います。私の父が保険の仕事をしているので、父に相談してみようかと思います。そしていいのがあれば加入したいです。

学資保険は慎重に、そして早めに。

私は最近学資保険に加入しました。学資保険はあまりよく分かっていなくて自分が子供が出来て初めてきちんと説明を受けました。たくさんの保険の中から選ぶのって難しくて私は紹介にてお話を聞き実際に加入しました。私のイメージでは卒業入学の時期にまとまった金額の返金があるものだと思っていました。しかし私の加入した保険は自分で返金の時期や金額がきめれるというメリットがありました。学資なんて本当に子供が出来てから考えますが将来の為に加入はしておくべきですね。もし万が一貯金が出来てなくても保険会社に貯蓄があると考えれば本当に損はないと思います。あとはたくさんの保険の中で選ぶのって難しいけども知人に聞いてみたりして担当の方との相性も大事かなと思います。いくらいい保険でも担当が合わなければ自分がほしい保険ではないものを進められては困りますよね。早めの加入がおすすめですが慎重に選んだほうが自分の為になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*